RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

町田康はユーモア

2011.09.13 Tue
『くっすん大黒』を読んでみて最初のページからこの人天才だわ、と思った。
元パンク歌手であって、現在は作家。布袋に殴られて事件になったといえば分かるだろうか。
この小説、3年間無職の男が妻に逃げられて部屋にあるへらへらした大黒にむかついて捨てに行くって話で、最後はふと思い立ってうどん屋になるっていうすごい話。ちょっと最初の一節を引用するね。

 もう三日も飲んでいないのであって、実になんというかやれんよ。ホント。酒を飲ましやがらぬのだもの。ホイスキーやら焼酎やらでいいのだが。あきまへんの? あきまへんの? ほんまに? 一杯だけ。あきまへんの? ええわい。飲ましていらんわい。飲ますな。飲ますなよ。そのかわり、ええか、おれは一生、Wヤングのギャグを言い続けてやる。君がとってもウイスキー。ジーンときちゃうわ。スコッチでいいから頂戴よ。どや。滑って転んでオオイタ県。おまえはアホモリ県。そんなことイワテ県。ええ加減にシガ県。どや。松にツルゲーネフ。あれが金閣寺ドストエフスキー。ほんまやほんまやほんマヤコフスキー。どや。そろそろ堪忍して欲しいやろ。堪忍して欲しかったら分かったあるやろな。なに? 堪忍していらん? もっとゆうてみいてか? 毒性なおなごやで。あほんだら。どないしても飲まさん、ちゅうねんな。ほなしゃあないわ。寝たるさかい、布団敷きさらせ、あんけらそ。

さらに話がすすむと、道路のプランターのなかに大黒を捨てようと、包んだ新聞紙ごと置いたら、納得いかなくて美的注意をはらいながら再配置するって場面がでてくる。それを交番の巡査に見られて逃げようとする描写が面白い。

屏風のように仕立てた新聞紙で大黒をくるみ直すのに手間取っている間に、

プランターのなかの配置をくどくど書いて笑わせるんじゃなくて、逃げるときになって始めて新聞紙を風流な屏風にして、その前に大黒を座らせたってのが分かるわけね。これにはまいった。このセンスなかなかすごい。

スポンサーサイト
Category:読書感想 | Comment(3) | Trackback(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。