RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

youtube

2010.03.10 Wed
僕は音楽の好みが俄雨が降るように急激に変化することがある。たとえば昔好きだった黒夢は今そんなに好きじゃない。それでも一応聞くけどアルバムをフルで聞くのはちょっとつらいかなと思う。パンクになった黒夢は元からいいと思っていなかったけれども。

それでも出会ってからずっと好きなのはこのバンドだ。ニルヴァーナと並んで、洋楽を聴くようになったきっかけ。
今でもメタル系でダントツに好きだ。Primal Concrete Sledgeは1stアルバムに入ってる曲で、バンドのそれぞれの楽器の特徴が端的に現れてる名曲だ。ギターソロは結構あっさり目で、ダレルの良さはこれでは分からないかもしれないけど、とりあえずグルーブも強烈でおすすめ。
Pantera - Primal Concrete Sledge

こちらは70sハードロック。ゲイリー・ムーアとかジョン・サイクスといった名ギタリストが所属していたバンド。
この曲は初期の名曲だと思う。
Thin Lizzy - Honesty Is No Excuse

僕はこのアルバム「Black Rose」が一番好き。一時期はこればっかり聞いてた。本当に捨て曲がひとつもない。
この頃のギタリストは誰だろう、好きっていっときながら全然詳しくはない。ただジョン・サイクスでは無かったような。とにかくいかにもお手本のようなギターソロ最高。ダレルのギターソロの次に好きかも。いや、スラッシュも好きだ。あ、kenも好き。ラルクのね。じゃあ4番目に好き。
Thin Lizzy - Got to Give It Up

kooksは多分知ってる人もいるんじゃないかな、現役のバンドだよ。イギリスのバンドなんだけど、いままで2アルバムだしててどっちも名盤だよ。特に1stがいいけどね。イギリスでは国民的人気。正統派のブリティッシュ・ロックだと思う。
何故かは知らないけど、日曜日の朝に聞きたくなる。イギリスの夏木立が太陽に照らされて敷石道に影を落とすようなさわやかな朝のイメージだ。
Naive - The Kooks

うんこおいしい。
幽遊白書 エンディング曲 - さよならbyebye
スポンサーサイト


Category:日記 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<(2010-02-18) [Page785] 看護婦が「どうでもいい」と思ったこと | HOME | (2010-02-16) [Page784] クラスメートの田中君がゾンビであることを確信した瞬間 >>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。